menu 이전페이지 home

パク・ユチョン、中国長沙訪問、旧正月特集番組に出演[2013.02.26]

パク・ユチョンが、中国の小正月デポルム(旧正月後の最初の満月の日/旧暦1月15日)の元宵節(げんしょうせつ)特集番組出演のために中国を訪れた。パク・ユチョンは、中国湖南省長沙を訪れ、2013湖南衛星「元素喜楽会」のステージに上がった。

パク・ユチョンは現在、中国で大人気のMBCドラマ「会いたい」の主題歌を歌い、しどろもどろな中国語で観客に元宵節(デポルム)の挨拶をし拍手を受けた。この日のステージでパク・ユチョンはこの先、中国で映画の仕事をしたいという意思も見せた。

彼は「タン・ウェイと一緒に仕事をしてみたいし、チェン・カイコー監督とも仕事がしたい」との発言で注目を集めた。

一方、パク・ユチョンは元宵節特集放送のために23日の夜10時頃長沙(チャンサ)空港から中国に入国した。

「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根裏部屋の皇太子」「会いたい」の中国内での人気が、ドラマ韓流の中心になっているだけありこの日の空港には中国各地から集まった約1,000人程のファンで大変な混雑となった。

(C)Jpictures Syndicate

有料会員になられた方には、もっと詳しいコンテンツがたっぷり!

ご登録はこちらから

K☆ HOT NEWS