menu 이전페이지 home

チャン・グンソク、大盛況のアジアツアーのリハーサル現場を公開[2012.10.30]

「2012 JANG KEUN SUK ASIATOUR THE CRISHOW II」を準備するチャン・グンソクのリハーサル現場が公開され、話題になっている。

現在までソウルを始め、日本の横浜、中国の上海、台湾の台北、日本の大阪、名古屋、福岡、
そして27日に8千人の観客を熱狂させた中華圏最後の都市、深センまで、計8都市、13回のコンサートで計12万3千人以上の観客を動員し、
アジアツアーを盛況のうち開催しているチャン・グンソクが、数十回の公演にもかかわらず、毎回几帳面で熱心にリハーサルに参加し、質の高いコンサートを作り上げている。

自身が直接企画した「2012 JANG KEUN SUK ASIATOUR THE CRISHOW II」では、
目を引く幻のマジックワールドのステージと多様なステージ効果はもちろん、2、3階の客席のくらっとする高さまで上がるクレーン、
マジックリフトに乗ったりして観客により近づけるように努力しているチャン・グンソク。

危険ではあるが、素敵なパフォーマンスを見せるためリハーサルも几帳面に、本番のように真剣に臨んでいる。

特に、パワフルなダンスでカリスマ性溢れるステージから、直接演奏するアコースティックギターのステージまで、レパートリー満載の毎回2時間半以上の公演を全部ライブで完璧にこなしているチャン・グンソク。

そのリハーサル姿は、アーティストとしての限りない可能性を認められ、12万のファンを熱狂させるまでの渾身の努力をそのまま反映しており、より一層関心を集めている。

実際にリハーサル現場でチャン・グンソクは何回も来てくれるファンのために少しずつ変化を与えたコンサートを見せるため、直接奇抜なアイディアを出し、毎度スタッフを感心させているという。

また、厳しいツアー日程と他のスケジュールで疲れた状態にもかかわらず、
毎回熱心にリハーサルに参加して些細なところまでチェックしながらダンサーと息を合わせるなど、スタッフらと最高のチームワークを作っているという。

27日に深センコンサート会場の前には“チャン・グンソクバス”が登場し、注目を集めた。

中国、深センを回っている「チャン・グンソクデビュー20周年記念ラッピングバス」は、韓国のファンがプレゼントした地下鉄5号線の「チャン・グンソク列車」に続き、
明洞(ミョンドン)、弘大入口(ホンデイック)、漢陽大(ハニャンデ)駅のスクリーンドアをジャックするイベントを行った中華圏ファンたちの20周年記念イベント。

チャン・グンソクの全身写真とアジアプリンスを越え、ワールドプリンスになる彼のデビュー20周年を中国でも記念しようとするファンたちの真心が入っている。

深センコンサートまで成功させ、「2012 JANG KEUN SUK ASIATOUR THE CRISHOW II」も後3回の公演だけを残しているチャン・グンソクは、
11月26、27、29日にアジアツアーの最後の都市である日本の埼玉で華麗なフィナーレを迎える予定だ。

(C)Jpictures Syndicate

有料会員になられた方には、もっと詳しいコンテンツがたっぷり!

ご登録はこちらから

K☆ HOT NEWS