menu 이전페이지 home

[韓国ドラマ]『大風水』29話[2013.01.22]

人質になった母ヨンジを助けようと宮殿へ駆けつけたチサン(チサン)。遅れてジョングン(ソン・チャンウィ)も助けに向かいます。

 

チサンがおとりになり兵士たちを引き付ける間、ヨンジとジョングンがその場から脱出するのですが、途中で飛んできた矢からジョングンを守ろうとヨンジが体当たりをして、命を落としてしまいます。

 


ヨンジは微笑みを浮かべ、過去にチサンとジョングンと一緒にご飯を食べた時の思い出に浸りながら、「チサン…ジョングン…何でそんなに急いで食べるの?ゆっくりちゃんと噛んで。時間はたくさんあるんだから」と言い残し息を引き取るのでした。

 

ジョングンは「母さん!!」と泣き叫び、チサンもその声を聞くのですが、引き返すことが出来ません。

 

ジョングンは一人でヨンジの亡骸を運ぶと、国巫スリョンゲに会いに行き「あなたがウ王に母をおとりにするように仕向けたのですか?よくもそんなことを…。いつかあなたのことを心から母さんと呼べる日が来ると思っていたのに。でもそれは永遠にないでしょう」と怒りをぶつけます。

 


そしてジョングンはチサンにヨンジの死を知らせないのでした。

 

一方、征伐軍を引き連れ宮殿に向かおうとしていたイ・ソンゲ。

 

ジョングン側のスパイのチョ・ミンスが攻撃場所について事前に情報を流したものの、これを察知したチソンがイ・ソンゲに攻撃場所を変えさせます。

 

イ・ソンゲは攻撃に成功したことで命の危険を感じたウ王は「イ・ソンゲが私の王座を奪いに来た!」と震え上がるのですが、イ・ソンゲが「罪人チェヨン将軍を捕まえるために来たのです。チェヨンを捕まえれば、兵士は帰します」と話すと一変。

 


ウ王はこれまで頼ってきたチェヨンに、「どうか私を助けてくれ。イ・ソンゲが兵士たちを解散させると言っている…お願いだ」と懇願。

 

すると忠誠心の厚いチェヨンはウ王の前に立てひざをつき、「最後までお仕えできない罪を、どうかお許しください。どうかお身体にお気をつけて」と告げ静かにイ・ソンゲに捕まるのでした。

 

チェヨンは結局斬首刑に処され、ウ王は罪の意識から酒と女に酔うようになります。

 

そして今度は国巫スリョンゲに頼るようになり、スリョンゲからはイ・ソンゲを討つよう急かされると、母バンヤ(イ・ユンジ)が「スリョンゲを信じないで」と必死に告げるも聞く耳を持たないのでした。

 


そしてウ王は宦官(かんがん:去勢して宮殿で使える男性)までも武装させイ・ソンゲ率いる征伐軍を討とうとしますが失敗。

 

征伐軍はウ王を廃位させ、幼い皇太子を王位につけます。ウ王は辛うじて命だけはとりとめ、流罪になるのでした。

 

一方スリョンゲはチョ・ミンスを誘惑し自分の思い通りに動かし始め、流罪になったイ・イニムを連れてくるように命じます。

 

バンヤはチサンに会いに行き、征伐軍にいるスパイについて知らせ、代わりにウ王を廃位させたスリョンゲに復讐することを願い出ます。

 


チサンはバンヤの頼みを聞きいれる野でしょうか?!

 

30話へ続く。

有料会員になられた方には、もっと詳しいコンテンツがたっぷり!

ご登録はこちらから

K☆ HOT NEWS