menu 이전페이지 home

ドラマ『となりのイケメン』[2013.01.09]

tvN『となりのイケメン』
初回放送:2013年1月7日
放送時間:月・火曜、午後11:00
演出:チョン・ジョンファ
脚本:キム・ウンジョン
登場人物:パク・シネ、ユン・シユン、キム・ジフン、パク・スジン、コ・ギョンピョ、水田航生、キム・ジョンサン他

■コ・ドクミ役(パク・シネ)
傷だらけの過去を抱いて、世の中にバリーゲートを立てている。隠れるように暮らし、ゴミの無断投機さえしたことのない模範市民の彼女が、最近顔を赤らめながら法律違反行為に没頭している。それは前季にたまたま外出したとき、偶然出会った前の家の男テジュンをこっそりとのぞき見していること! 彼を眺めるこの時間だけが、モノクロで綴られた彼女の人生で唯一、総天然色カラーで輝く瞬間だ。

■エンリケ・クム役(ユン・シユン)
17才で世界最高のソーラースタジオに入城した天才クリエーティブディレクター。韓国のゲーム会社との新しいゲームの発売を控え、プロモーションで15年目にして初めて韓国を訪れた。韓国に来た初日、エンリケはおかしな視線を感じる。向い側から誰かが、こちらをのぞき見している。その視線の根源を把握して懲らしめようとしたエンリケは、向いのオフィステルの4階二番目の家を訪ねる。想像した変態とは全く違う女性コ・ドクミがまさにその犯人! 何でも終わりまで見届けるエンリケは、しきりに隠れる彼女に執拗に食い下がるが…

■オ・ジンラク役(キム・ジフン)
明け方になると街を徘徊する闇のハイエナ。秘かにドクミを見守り、彼女を主人公にしたウェブチューンを連載している。普段から変わった行動と生活習慣を持つドクミの正体をだいたい知っている唯一の人物で、孤独な彼女のために秘かにポストイットで応援しているところだった。ドクミを守りたいという想いが右脳と左脳を占領する間に、いつのまにか彼女のそばにはスペインから来たしけた奴エンリケが、ドンと存在していた! 思っても見なかった盗作是非の相手という悪縁まで重なったエンリケと、ドクミをめぐってことごとくぶち当たる。

■チャ・ドヒ役(パク・スジン)
コ・ドクミの中・高の同窓生。現在は頭からつま先まで完ぺきなセッティングで、男たちの視線をひきつけるショッピングモールのCEOで、反転の魅力の華やかな都会の女だ。一時はドクミとは親友だったが、いつも影でさえぎられた弱者の現実から抜け出すために、大切な友人ドクミの危機を利用して華やかに主人公の座を奪い取った。偶然ドクミと再会したが、何もなかったように虚飾で行動するが、実体が明らかになるかも知れないという恐れで、ドクミを引き離そうとあらゆる努力をする。

■ユ・ドンフン役(コ・ギョンピョ)
ジンラクの後輩であり同居している男。愛想のないジンラクを上手く料理して同居中。ドンフンは現在アシスタントとして働いているが、ジンラクが持っていない絵の才能を持っている。自身のために自尊心が傷つくかと、ジンラクの修正作業をする細やかさを発揮する。

■わたなべ役(水田航生)
ドクミがエンリケ・クムにのぞき見が見つかったその日、ドクミのオフィステルに新しく引っ越してきた日本人。砂糖のような笑顔、孤独な鼻筋、それとなく上がった口元が完ぺきなハーモニーの少女漫画の男性主人公の決定版だ。ジンラクの目を避けて仕事場にしばしば登場する可愛いドンフンに好感を持っているが、ドンフンが優しいドクミより気になるドフィの肩を持つことのがなぜか気に入らない。

■ハン・テジュン役(キム・ジョンサン)
コ・ドクミが住むしなびたオフィステルのすぐ向かい側の超モダンで超ラグジュアリーなオフィステルに一人で暮らしているシングル男。従弟のエンリケが自分の家に住み込むまで、ドクミがそれほど永いあいだ自身を見ていたという事実は、夢にも知らない。

■■ あらすじ ■■
となりに花のように美しい人が住むという奇跡は起きないだろうか? 花のように美しい人と偶然出会ったスーパーで、最後の荷物を同時に持ち上げて、エレベーターのドアが閉まるときに「すみません」と言いながら、格好良くスライディングで乗り込んだ彼から後光が輝くそんなほほえましい風景の主人公になる奇跡! はあり得ないのか。となりの家で巻き起こるファンタジーの完結版! ある日あなたの家をめぐってイケメンラッシュが始まる。あなたは避けてはいけない。二度とない人生の黄金期に最善を尽くして接しなさい!

有料会員になられた方には、もっと詳しいコンテンツがたっぷり!

ご登録はこちらから

K☆ HOT NEWS